ブログ

かえる

吉祥寺本校

こんばんは。

大塚です。

 

最近同年代の、あるいは、いくらか上の世代の

高齢になるご両親の話を耳にするようになりました。

 

認知症となり、あるいは闘病のために、

意識や記憶が混濁し

ご自身が子供の時や結婚した時に行ったり来たり。

人生の始まりと終わりを考えさせられます。

 

誕生して愛する者に顔をのぞきこまれ、祝福され、

下の名前で何度も呼ばれ、

時計で計る時間とは別に時間を過ごし、

大きくなり、

いつのまにか名字で呼ばれることが多くなり、

一生懸命働き、

年をとり、

心も角がとれてまるくなり、

徐々に衰えて、

下の名前で呼ばれることがまた増えて、

再び子供の時のような特別な時間の中に。

最期は愛する人たちにのぞきこまれて

旅立っていく。

 

そんな優しい始まりと終わりであってほしいと

思うこの頃です。

 

 

 

2016年9月以前のブログはこちら

ページトップへ