ブログ

ラブリー

三鷹教室

 

先日、

 

三鷹教室の

 

「理系」担当の麻生先生が

 

 

 

「ガラケーからi-phoneに変えたんだよぉ」

 

 

 

と言ってました。

 

 

 

「俺もスマホ☆デビューだよ。」

 

 

 

 

 

 

 

麻生先生といえば、

 

機械音痴で有名です。

 

 

 

うまく印刷できないときに、

 

コピー機に向かって、

 

 

 

 

 

「ちくしょーっ!!!」

 

 

 

 

 

と叫ぶのは有名な話です。

 

 

 

 

 

「せっかく買ったのに、画面にタッチしてもスマホが反応してくれない。俺、機械に嫌われてるから。」

 

と、少し寂しそうにぼやいていました。

 

 

「俺の指、なんかヘンな電気出てるのかなぁ」と。

 

 

 

 

 

 

 

「これができないんだよ、これが! ( びゅっ 、びゅっ )」

 

 

 

 

 

 

と、指で空中に、

 

 

 

 

 

スワイプ動作をして説明してくれました。

 

 

 

 

 

「この世から、こんぴゅーたーなんか無くなればいいのに。」

 

 

 

 

 

とも言ってました。

 

 

 

 

 

 

 

「i-phoneでどうやって音楽聴くの?」

 

 

 

 

 

と、きいてきたので、

 

音楽をパソコンに取り込んで、

 

スマホに落とすんです、と説明すると、

 

 

 

 

 

 

 

「めんどくせっ」

 

 

 

 

 

 

 

とひと言。

 

 

 

 

 

麻生先生がi-phoneで音楽を聴けるようになるように、

 

その後も、いろいろ説明しました。

 

 

 

 

 

「俺には、無理かもぉ。でも80年代の洋楽とかオールディーズとか聴きたいなあ。」

 

 

「クラプトンとか、ジャーニーとか、TOTOとか聴きたいなあ。」

 

 

 

 

 

 

なんとかi-phoneで音楽を聴いてほしいし、

 

 

 

スティーブ・ジョブズ氏にも申し訳ないと思ったので、

 

 

 

さらに説明を加えました。

 

 

 

僕も塾講師なので、わかってもらえないと気が済まないのです。

 

 

 

 

 

できるだけ平易な言葉を選び、身振り手振りをまじえながら、

 

なんとか理解してもらえるよう努めました。

 

 

 

 

 

しかし、麻生先生の表情を見ていると、

 

 

 

 

 

 

 

まるで、英語の苦手な生徒が、

 

 

 

 

 

 

 

関係代名詞の解説を聞いているかのような顔をしていました。

 

 

 

 

 

 

 

(ダ、ダメだ、こりゃ。  実際にやって見せないと……。)

 

 

 

と、僕の心が折れかかっていると、

 

 

 

 

 

「石神先生はどんなスマホなの?」

 

 

 

 

 

ときくので、

 

 

 

アンドロイドです、と答えると、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「そっかぁ。俺のはSONYなんだよなぁ。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「………は?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「えくすぺりあ っていうやつなんだよなあ。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「…………。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『 スマホ = i-phone 』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうやら麻生先生のアタマの中では、

 

 

 

これが公式として成立しているのだとわかりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確認のため、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恐る恐る麻生先生のスマホを見せてもらうと、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画面の中の「ドロイド君」が、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目にうっすらと涙をうかべていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年9月以前のブログはこちら

ページトップへ