ブログ

ものを捨てる

三鷹教室

三鷹教室の古賀です。

最近、部屋のものを捨てるのに夢中になってました。

主にマンガですけど、ここ数週間で500冊くらい捨てました。

去年の秋に2000冊くらい捨ててたので、残ってたヤツはそれなりに好きだったり思い入れがあったりするものでした。

けど中学生の時に好きだったーとか、高校の時好きだったーとか、大学のいついつの時期に好きだった―とか。

そういうのって別にどうでもいいなと気付いてしまったのです。

高校の俺が好きだったとしても、今の俺は好きではないのです。

じゃあ別に持ってる必要ないな、と。

捨てる前にパラパラと読んでいたら、やっぱり好きだった当時のいろんなことを思い出したりしてメランコリックになったりもしたんですけど、何かモノを読んだり見たり聞いたりして思い出す程度の思い出もどうでもいいなって思いました。

本当に大事なことや大切なことならいつでも思い出せるはずだし、自分にはそういうもの以外必要ではないので。

見なくちゃ思い出せない程度の思い出を思い出すための媒介を家に置いておくのは変です。

と思ったので一気に500冊捨てました。

部屋がすっきりして気分がいいのです。

もっとたくさんのものを捨てて、もっともっと身軽になれればいいなと思いました。

おわり

 

2016年9月以前のブログはこちら

ページトップへ