ブログ

風邪をひいたよって話( -᷄ω-᷅ )

三鷹教室

お久しぶりです。三鷹・吉祥寺校の今野です。

只今私今野は非常に苦しい状況下にあります。

実際に会った生徒さんは分かるかな…?

実は声が全然出ないんです…!!(´;ㅿ;`)

というか扁桃腺が腫れているのか知りませんが

上手く息が出来ない…!!

横から首をぎゅーっと抑えて絞めた方が息が楽って…。

なんなんだよ色々おかしいだろ色々…(ㅎ.ㅎ )

その為ただの呼吸をするのに深呼吸みたいにしないと

酸欠になるという異常事態です。

はぁーーーーー……。

物理的に苦しい…。

でも山は越えたので、これからガンガン治します。

…皆さん、うがい・手洗い、だけでなく水分補給も

しっかりしましょうね。

 

そういえば…

うがい・手洗いで思い出しましたが、

風邪等の病気を予防する為に学校で

「うがい・手洗いをしてから教室に入りなさい!」

なんて怒られたりするようなことを経験した人は

少なくないんじゃないかと思います。

しかし昨今では、この方法より効果的で、

しかもすごく簡単な方法が推奨されているようです。

それは「定期的に嚥下すること」。

さて何ででしょうね。考察してみましょう。

風邪菌などのウイルスが体内に取り込まれた際、

一番最初にウイルス達が

「あっ、ここ住みやすそうヾ(⌒(ノ’ω’)ノ」

と感じるのはどこか…。

もちろん喉の辺りです。

そこでウイルス達は、喉一帯を陣取り、増殖しようとします。

言わば開拓です。一世一代の大博打です。

「よーし、目指せ37兆個!!(笑)」

なんて意気込んでいます。でも意気込んでいるだけです。

まだ定着はしていません。

ではここで、宿主であるヒトが、うがいをしたとします。

ガラガラ…とされたことで、喉の入り口付近は洗われました。

洗われた部分にいたウイルス達はたまったものじゃありません。

そのまま吐き出されてしまいますね。

でも洗われなかった部分はどうでしょう。

…とても平穏ですね。

そのまま大家族ルートへ一直線です。

宿主はウイルス大家族に好き放題されてしまいます。

ゆっくり治してね、って感じです。

では今度は、うがいの代わりに水でも何でも、

宿主であるヒトが何かを飲み込んだとしましょう。

ウイルスにとって、今度は喉の入り口付近だけでは被害は収まりません。

全力で開拓をし始めた時に、大洪水が起きたような状態です。

綺麗さっぱり、洗われた訳ですね。

…あれ、でも吐き出したりはしませんでしたよね。

ウイルス達は一体どこに…?

まあ普通に食べ物、飲み物と一緒に仲良く胃の中ですよね。

体の中にめっちゃ入り込んでんじゃん!!( -᷄ω-᷅ )

ってなりますが、胃の中の液性は何でしたっけ…?

中2以上の皆さん、理科でやったよね…?

答えは酸性です。しかもとんでもなく強い。

そんな中にウイルス達は放り込まれた訳です。

うん。なんか可哀想になってきた。

けど酷いことすんだもの!!( -᷄ω-᷅ )

しょうがないじゃない!!( -᷄ω-᷅ )

という訳で、ウイルスはほぼ胃に運ばれ壊滅!!

やったね宿主!!

と、なる訳です。

 

もちろんうがいをするかしないかで言ったら、

する方が断然いいのですよ!?

一部は排出されるんだから。

よって、うがいをした上で、こまめに飲み物を飲む。

これが1番の予防になるわけです。

…まぁ残念ながら、ウイルス達が喉に「ひしっ」とくっついちゃってた

とか、どうしても100%は防げないので、

風邪が根絶することはないんでしょうけどね( -᷄ω-᷅ )

 

うわーめっちゃ書いた気がする。

うん、書いたな。

皆さんもウイルス達に大家族を作らせない為に

うがいと手洗い、こまめな水分補給を忘れずに( ¯﹀¯ )

それでは…チーン_(-ω-`_)⌒)_

2016年9月以前のブログはこちら

ページトップへ