ブログ

ラブレター

武蔵小金井教室

こんばんは、みなさん。

武蔵野進学セミナー武蔵小金井教室の打江です。

 

受験シーズン。

ある、ラブレターを思い出します。

残念ながらこれは、私が受け取ったものではありません。

私が書いた、渾身の”恋文”です。

 

中学2年生のころ。

私には、ひとつ年上の憧れの先輩がいました。

その先輩が高校受験をする季節。

私は勇気を出して、ラブレターを書いてみたのです。

『先輩、受験、頑張ってください。』

ただこれだけのメッセージを、

私は何回書いたことでしょう。

このために特別に買ってきた、

くまのパディントンの便箋。

直接手渡す勇気がなかったので、

同級生のお姉さんにお願いして、

その先輩に渡してもらいました。

 

What a pure girl I WAS!

 

その後、先輩は志望校に合格しました。

実はここからが私の、

本当のドキドキが始まります。

日曜日の午後1時になると

その先輩から家に電話がかかってくるように。

(家族が出る前に、猛ダッシュで電話に出ます!)

急いで自転車で家を出て、

つかの間の、公園噴水デート。

いや、デートではなく、これは”お話し会”か?

 

この、ドキンちゃんのひとときは

さくらの季節まで続きました。

そして、さくらの花びらの色のように、

淡く淡く、そのあたたかい思い出だけを残して、

静かに終わりました。

 

繰り返します。

HOW PURE I WAS!!

 

受験生のみなさん

ひとりひとりの心に、

早くさくらの花が咲きますように。

 

それではごきげんよう。

 

 

 

 

 

 

2016年9月以前のブログはこちら

ページトップへ