ブログ

何が勝負を分けるのか。

武蔵小金井教室

 

 

こんばんは。

 

武蔵野進学セミナー武蔵小金井教室の川原です。

 

 

 

今朝、日本時間3:45キックオフで、

ヨーロッパのサッカークラブNo1を決めるUEFAチャンピオンズリーグ決勝戦が行われました。

 

 

イタリア王者ユベントス vs スペイン覇者レアル・マドリード。

 

 

わたしは、ユベンティーノなので、そのいちファンとして、感じたことを書きたいと思います。

 

 

 

前評判では、守備のユベントス、攻撃のレアル・マドリードと言われていましたが、

 

試合前半、ユベントスは、レアル・マドリードに対して、果敢かつ積極的に攻撃を仕掛け続け、

 

また、先制点を取られた直後の、マンジュキッチの素晴らしい同点ゴールもあって、

 

 

ユベントスは、レアル・マドリードと、実力伯仲の、互角の戦いを繰り広げました。

 

 

前半だけで言うと、

試合内容も、観客の熱狂も、

私の記憶の中で、5本の指に入るくらい、素晴らしい試合でした。

 

 

わたしは、冷静な情熱をもって、試合を楽しむことができました。

 

 

 

 

ところが、です。

 

後半に入ると、突然、ユベントスの選手たちの足が止まってしまいました。

 

 

前半に運動量を消費しすぎたのか。

油断した、といったことはないでしょうけれど。

 

 

とにかく、突然、ユベントスの選手たちのパフォーマンスが、がくっと落ちてしまったのです。

 

 

 

相手のあるスポーツはみなそうなのでしょうが、

 

集団スポーツは特に、心理戦の側面が大きいと思っています。

 

 

隙を見せたら、敵は、相手を圧倒すべく、嵩に懸かって、攻立ててきます。

 

そうして、相手を一挙に打ち破ろうとするものです。

 

 

後半始まった瞬間から、「これはまずい。」と

いやな予感しかしませんでしたが、

 

 

案の定、

 

勢いづいた相手に攻め込まれて、守備は崩壊。立て続けに失点。

終わってみれば、1-4の惨敗。

ユベントス優勝の夢も、あえなく潰えたのでした。

 

 

 

一瞬の隙から、すべてが台無しになってしまうことがある。

 

そういった人生の難しい一面を、まざまざと見せつけられた試合でした。

 

 

 

 

 

 

プロ野球選手で、現役生活中に2000本を超えるヒットを打った選手は、歴史上たったの48人。

 

先日、見事、その48人目になったのが、中日ドラゴンズの荒木選手。

 

 

 

選手にきつい練習量を課した落合元監督でさえ、

 

一生懸命練習し続けて止まない荒木選手にだけは「お前、もう[練習するの]やめろ。」と声を掛けたそうです。

 

 

 

目標を達成をするための、惜しまぬ努力。

 

わたしも、つねに向上心をもって成長していきたいと思っています。

 

 

 

2016年9月以前のブログはこちら

ページトップへ