ブログ

Drôle de guerre

武蔵小金井教室

 

 

 

こんにちは。

 

武蔵野進学セミナー武蔵小金井教室の川原です。

 

 

 

日々、世界のいたるところで、駆け引き、心理戦、だまくらかしが行われているのを目にします。

 

 

むかし、「欧州情勢、複雑怪奇なり。」と発して瓦解した内閣がありましたが、

 

 

歴史を鑑みると、日本人の心理戦の駆け引きのほうがよっぽど複雑なんじゃないか、と、

 

歴史の読みものを読んだりすると、感じたりします。

 

 

 

国語の文章を読んでいて、日本人論として典型的なものに、日本人独特のコミュニケーションが、西洋人の目には不可思議に映る、というものがあります。

 

 

「日本流」のコミュニケーションのありかたが、非論理的なのか、いやいや実は非常に高度なものとして考えられるべきなのか、には議論のあるところでしょうが、

 

 

実社会で実務に携わっていると、白黒がはっきり通せない、「空気を読む」ことで成立するのがコミュニケーションの場だと実感させられるもの。

 

 

入試に挑戦するロボットが、理系では高い偏差値を出せて、文系科目ではそれができない、というのも、

人間社会のコミュニケーションのあり方が、

AIにとって代わることが難しい「複雑」さを有しているから、

なのでしょう。

 

 

2016年9月以前のブログはこちら

ページトップへ