ブログ

持続可能性

武蔵小金井教室

 

高校生の定期テストの結果が続々と帰ってくるきょうこの頃。

 

事前に一緒にじっくり準備したり、お手伝いさせて頂いた科目について、良好な結果が多く出て、うれしい限りです。

 

特に、英語については、生徒と二人三脚で取り組んで、その中から創り出した対策が、

前回、前々回に引き続き、ヤマを当てまくって、お役に立てたのかな、とホッとしました。

 

今回、思うように結果を出せていない生徒は、

これまでの準備計画の甘さの反省を踏まえて、じつはもう昨日から学年末テストの準備を始めました。

 

いっしょにがんばりませう。

 

 

 

ところで、

今回、中学高校を通じて、定期テストの結果報告として、

公立中高一貫校に通う中学生の担当生徒のひとりが、

代数で100点を取ってきてくれたことが、

いちばんのサプライズでした。

 

じっくり、ひとつひとつのプロセスを二人三脚で見直したことが、結果につながりました。

 

 

 

こんにちは。
武蔵野進学セミナー武蔵小金井教室の川原です。

 

 

 

もう2017年も、暮れていきます。

 

ことし一年は、個人的には、つねに自分の存在意義を問い続ける一年になりましたが、

 

そんななかで自分の担当の生徒たちや、その保護者の方とお話しさせていただくなか、

ひとつ確信にいたったことは、

 

教師の仕事は、

 

目の前の通年のノルマをこなしていく一年を過ごすだけではなく、

 

生徒たちの3年、5年、10年の未来をつないでいくこと

 

にあるのだということでした。

 

 

ひとりひとりに寄り添って、未来をともに形作っていく。

それが、人間にできる、教育の持続可能性なのかな、

と感じていています。

 

 

2016年9月以前のブログはこちら

ページトップへ