ブログ

奥多摩三大急登の一つに登る。

武蔵小金井教室

 

 

こんにちは。

 

武蔵野進学セミナー武蔵小金井教室の川原です。

 

 

 

GW前半のある日。

 

人呼んで、奥多摩三大急登のひとつ、本仁田山に登りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「三大」とは諸説あるものの、そのうちで唯一、勾配率40%を超えると言われる急登中の急登とのこと。

 

 

 

GW真っ最中で、最寄の奥多摩駅は大勢の登山客。

 

しかし、本仁田山は、その急登のゆえか、静寂。

富士山が視野に入る山頂でも、登山客は5組を超えませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

急勾配の斜面をまっすぐに登っていく山頂付近。

 

 

 

標高1225mまでの急斜面を登ったり、見渡したりしながら、

 

どんな野生動物ならこの急勾配を駆け下りていくのだろうか、とか

 

千メートル級の雪山を越えての戦とはどんなものか(『炎立つ』)、とか

 

 

そんなことを考えました。

 

 

 

下山後。

 

 

歩き足りなさを感じて、

 

武蔵小金井駅でお茶をしたのち、

武蔵小金井から武蔵境まで歩いて帰りました。

 

 

 

 

 

 

『炎立つ』。

大河ドラマの原作。

 

 

「義」を守ろうとする人々が、

 

より大きな力に容赦なく捻じ伏せられる様を描き出す筆致が、

印象に残りました。

2016年9月以前のブログはこちら

ページトップへ