ブログ

丹沢の主脈に触れる。/ 日本列島の五億年。

武蔵小金井教室

 

 

こんにちは。

 

武蔵野進学セミナー武蔵小金井教室の川原です。

 

 

 

浅間嶺の翌週、

 

丹沢の塔ノ岳、丹沢山に登りました。

 

 

 

ふもとの大倉は、たくさんの人のにぎわい。

 

そこから、

登り一辺倒の「バカ尾根」と異名をとる、塔ノ岳を上っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

登ってはお茶屋さんに出会い、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また登ってはお茶屋さんに出会うという、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

茶屋と登りを繰り返す、山行。

 

 

 

奇しくもこの日、

 

ことしで32回を迎えるという、

伝統の「丹沢ボッカ駅伝競走大会」の開催当日。

 

 

一般登山客の登山と並行して、

競技者の方が山頂に上って来られるということで、

 

 

急ぎ目の登山。

 

 

 

さいわい、競技者の方より前に、塔ノ岳山頂にたどり着くことができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山頂からの絶景を楽しみにしたのですが、

 

 

ところが、この日も、例の靄。

 

 

途上のお茶屋さんでは、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

富士山を確認できたのに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頂上間近にして、突如立ち上ってきた、靄。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

靄は、あっという間に登山者を追い抜いていって、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山頂から富士山方面の視界をふさぐ形で、

 

みごとに塔ノ岳山頂をすっぽり覆ってしまいました。

 

 

 

 

嘆きや苦笑が聞かれましたが、

 

 

塔ノ岳山頂を除いては、晴れ渡っていました。

 

(のちに言葉を交わした年配の方の、「天候不良ではないが、視界0。」というコメントに、非常に深い味わいものを感じました。)

 

 

 

その後、

塔ノ岳から、丹沢山に向かいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

塔ノ岳山頂から少し下って、振り返ってみると、塔ノ岳だけを雲がすっぽり覆っていたので、思わず苦笑。

 

 

 

片道1時間ほどの、塔ノ岳と丹沢山頂の往復。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

丹沢山頂。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

塔ノ岳山頂に戻って、下山。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山頂付近では、ハングライダーを楽しむ方。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下山しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『日本列島五億年史』

 

日本列島形成の五億年を追ったムック。

 

 

テーマ別・地方別に、

豊富な地形・地質の写真やCGを紹介していて、

 

夢中になって読めます。

 

 

 

山に登るようになったので、たとえば

 

じぶんの登っているこの山々、丹沢山塊が、500万年前に遥か南の海からやって来たのか、

 

などと来歴に思いを致すことができて、楽しいです。

 

2016年9月以前のブログはこちら

ページトップへ