ブログ

年賀状

武蔵小金井教室

こんにちは。
武蔵野進学セミナー武蔵小金井教室の遠藤です。
先日、Yahoo!のニュースで、「お正月のおめでとうメールはWi-fiを使ってください。」と出ていました。
気軽に連絡をとり合うことができる「LINE」が連絡ツールの主流になっている一方で、手紙を書いて連絡をとり合ういう習慣は全くと言っていいほど見られなくなってしまいました。
年末が近づくと、年賀状のデザインはどうしようかと、デパートの年賀状特設ブースで心躍らせていたのは何十年前のことだろうと思いたくなるほどです。
ボールペンなどのインクで書く手紙は修正できません。修正テープで直しても、鉛筆で書いたとしても、消した跡があったら格好悪いですよね。それゆえ、誤ってしまえば書き直しです。出来るだけまっすぐにきれいな字で届けたい。何度も何度も書き直して、やっと完成させる。
最後の一文字を書く瞬間、書き上げた瞬間、私の中の緊張の糸がふっと切れる。
その緊張感を味わえる年賀状が、私は好きです。
新年のあいさつだけではなく、この「人を想う文化」を大切にしたいと思います。
つづく

2016年9月以前のブログはこちら

ページトップへ