ブログ

小さい”守護神”

武蔵境教室

こんばんは、みなさん。

武蔵野進学セミナー武蔵境教室の打江です。

 

 

『カナチョロのミイラがいてね。』

 

これは、先日のゴールデンウイークで帰省中

心に残った言葉(出来事)の一つです。

その日、庭仕事を終え家に入ってきた母が、

そう言いました。

 

どうやら打江家の庭先には

数十年住み続けている『カナチョロ』がいて、

いつも決まった植木鉢(煉瓦)の下から

チョロチョロ、ちょろちょろ

出入りしているらしいのです。

 

父の話によると

この『カナチョロ一家』は

約30年前から打江家と共に過ごし、

父はたびたびそれを観察していたそうです。

それがあまりに身近なことだったため、

これまでとりわけこのことを話題に出すことはなかったのだとか。

 

母も祖母も、こんなに長い歴史があったことは知る由もなく、

『カナチョロ』がここ最近になって特に頻繁に登場したり

車庫の端っこに『カナチョロのミイラ』がいたりしたことに

たいへん驚き、

それはそれはゴールデンウイーク中の

我が家の話題の中心となりました。

 

『カナチョロのミイラ』

庭の片隅に小さな穴を掘って”埋葬”し

「これからも打江家をお守りください。」

そう心の中で祈りながら天国へ送ったそうですが、、、

だれよりも驚いたのは、この私。

 

もともと私は『カナチョロ』が苦手で

(※『カナチョロ』:「カナヘビ」「トカゲ』の愛称の一つです。)

突然出くわした際には「ひゃー!」と声を上げてしまうほど。

『カナチョロ』さん、できれば遠くにいてょ、、、

彼らは私にとって、そのような存在でした。

 

ところが今回、

我が家のエピソードがきっかけで

とても愛おしい存在に思えてきました。

30年以上といえば、

『カナチョロ』の寿命を考えても

何代目になるのでしょうか。

親子代々・・・孫、ひ孫、を残して

雨風嵐、天敵などの危機を乗り越えながら

生き延びてきたに違いありません。

「戸の陰」に潜むことから

「戸陰(トカゲ)」と名付けられた説もあるように

このシャイで謙虚な生き物は

人目を忍んでひっそり暮らし

大事に大事に命をつないできたことでしょう。

その課程で

この『カナチョロ家族』は

私の幼い頃の成長を見守っていてくれたかもしれません。

 

 

『カナチョロのミイラがいてね。』

 

まるで『カナチョロ』が『守り神』のようだと

”彼ら”の住みかを大切にしていこうと決めました。

 

私たちをあたたかく見守ってくれるのは、

身近な『人』

だけではないのかもしれませんね。

 

それではごきげんよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年9月以前のブログはこちら

ページトップへ