ブログ

ツール

武蔵境教室

開催前は、前回王者かつ5回目の優勝者=5勝クラブの一員になれるかの勝負の年でもあるにもかかわらず、ドーピング疑惑ですらない疑惑で出場が危ぶまれていたクリス・フルームや、1チームの人数が1人減ったり、初めて採用されたグリッドスタートなどについて語られていたツール・ド・フランスも三週目に突入、大詰めを迎えています。
キッテル、カベンディッシュなどの有力スプリンターがほとんどリタイヤし、今年もグリーンジャージをほぼ確実にした感の強いサガンは、すでにゴールを見据えてか、先日のステージもそれほど追い込んでいませんでしたね。
まぁ先々日に落車しているのもあったのでしょうが、J sportsの恒例ビクトリクイズでサガンに投票した私は、見事に外してしまいました。

注目の総合争いですが、どうやらフルームは厳しそうで、同じくチームスカイのゲラント・トーマスが黄色ジャージを守り切りそうですね。
ジロ・デ・イタリアの総合優勝をしたフルームは、去年のツール、ブエルタ・ア・エスパーニャと三連勝中だったのですが、サッカーワールドカップで一週間後倒しになったとは言え、さすがにジロ→ツールの短期間では快復が難しかったのでしょう。
私、武蔵野進学セミナー・武蔵境教室の沼尻は、連日続く長時間放送を休みの日にどうにか消化しつつおいついてきましたが、それもあと3日か~と思うと淋しくもあります。
一方で、夏期講習はこれからが本番。
三段跳びでいうと、ホップのホの字じくらいまでしかきていません。
特に中3生は、秋口に大きなジャンプができるくらいのエネルギーを今回の夏期講習でためられる学習ができるよう心がけようね。

2016年9月以前のブログはこちら

ページトップへ