ブログ

スポーツ観戦色々

武蔵境教室

新川教室の佐々木先生ほどではありませんが、私もスポーツ観戦(といってTVですけど)が好きです。
武蔵野進学セミナー・武蔵境教室の沼尻です。

11月3日土曜日、武蔵境駅前に味の素スタジアム行きの臨時バスが出ていて、人の往来もかなりのものだったので何があるんだろうと思っていました。
帰宅してスポーツニュースを見ていると、「リポビタンDチャレンジカップ2018」の日本代表対ニュージーランド代表をやっていたということがわかりました。
私は、40年ほど前、高校・大学時代に秩父宮ラグビー場に何度か行ったことがありましたが、スタジアムはいつもがらがらでした。
3年前のラグビーワールドカップで五郎丸選手が一躍脚光を浴びたことでメジャー化した感はありましたが、これほどとは隔世の感があります。
来年の日本開催は盛り上がろうのだろうか? と一抹の不安はありましたが、杞憂に終わりそうですね。

11月4日日曜日、ツール・ド・フランスさいたまクリテリウムが、さいたま新都心駅周辺で行われました。
私は毎年J-Sportsで見ているのですが、驚いたことにテレビ東京が様子を放映していましたね。
以下は、J-Sportsのサイトからの引用です。(リンクは同サイト)
「舞台はさいたま新都心の高層ビル群。さいたまクリテリウムでは、1周約3.0kmの周回コースを走行する。市街地などに距離の短い周回コースを設定し、それを何周もする形式のロードレースがクリテリウムである。(略)2018年は2017年大会と同じコースレイアウトとなり、フィニッシュ直前の300mの直線では、世界トップレベルの選手達による白熱のゴールスプリントが楽しめる」
参加チームも豪華で、王者Team Skyからはエースのゲラント・トーマス、スタナード、ボエルス、カストロビエホといったレースの中継中によく耳にするメンバーが参加。
TEAM KATUSHA – ALPECINからは、何とエーススプリンターのキッテルが!
MOVISTAR TEAMからは、自転車普及協会の栗村さんが「バルベルデはん」と呼んでいたことがとても印象深かったアレハンドロ・バルベルデ
エース・ニバリのBAHRAIN MERIDA PRO CYCLING TEAM
そして、TOUR DE FRANCE JAPAN TEAMとして別府 史之・新城 幸也の2人が参加しました。
とんでもない数の観客が押し寄せるのもわかりますよね。
2013~17年で区間優勝を14回も挙げているキッテルは、サッカーでいえば、ワールドカップで得点王に輝いたようなもんですし、ジロ・デ・イタリア、ツール・ド・フランス、ブエルタ・ア・エスパーニャの三大ツールで総合優勝をしているニバリなんて、クリスチャーノ・ロナウドクラスになるわけですよ。
そんな人たちをナマで見られるんですから、そりゃ~行きますよね。
まぁ私は人混みが嫌いなので、行きたい気持ちをぐっとこらえて毎年TV観戦ですけど。

その他にも、見るものがないときにはボルダリングや競技ダンスなんかを見ています。
スポーツの秋は、見てもいいですね。

2016年9月以前のブログはこちら

ページトップへ