ブログ

合唱コンクール in所沢

武蔵関教室

こんにちは、武蔵野進学セミナー武蔵関教室の高崎です。先日、所沢市にて行われた保谷中学校の合唱コンクールを見に行く機会に恵まれました。普段は食欲の秋を満喫している自分ですが(笑)、久々に芸術の秋を感じる場面でした。普段は見ることのない、生徒さんの活躍の様子を見ることができました。

自分も以前は音楽に関わっていたこともあり、どうしても審査員的な目線で見てしまうところもありましたが、みんなが熱心に歌っている姿は感動的でした。そういう感動が味わえる点については、テレビの放送やCDなどの購入では体験できないライブならではの空気や雰囲気によるものだと感じました。音楽は時間の芸術といわれ、同じ音は二度と再現できないともいわれますが、そんなこの時間だけの思い出をみんなでシェアできることは素晴らしいと思いました。

現在では無料の授業動画やCD付きの参考書など、その気になれば学習する方法には恵まれた時代だともいえます。しかしながら、みんなで場の空気を共有して、仲間と共に頑張れるというライブ授業のよさを我々スタッフは今後も提供し続けていかなければならないとの想いを新たにした日でもありました。これから期末テストや入試に向かっていく時期となりますが、二度と同じ時間は来ないということを我々も、生徒さんも感じながら共に過ごしていけたらと思います。

また、野球やサッカーのように勝敗が明確に決まるスポーツとは違って、芸術の評価は審査員の好みが最終的に影響してしまうのでは?と思うところもあります。なかなか合唱でも順位を出すのが難しい…という審査員のコメントがありました。新体操やフィギュアスケートなど、技術重視に偏っている中で、どのように芸術性を評価していくのか…は今後も問題になるだろうと思います。少なくとも勉強についてはやった分だけしっかり反映されますので、これからも頑張っていきましょうね…(笑)。無理やりですが、それではまた…。

2016年9月以前のブログはこちら

ページトップへ