ブログ

お年玉

中町教室

こんにちは。

武蔵野進学セミナー

中町教室の根本です。


新年の挨拶に、

もうすぐ2歳になる甥と会いました。

彼にとって人生で初めての、

「お年玉」を渡しました。


彼はお年玉と書かれた袋を笑顔で眺め、

しっかりと私にお礼を告げた後、

その袋を破いて開けました。


まだ2歳にもなっていないせいでしょうが、

甥は取り出したお札を握り、

笑顔で、今にも破りそうな素振りを見せました。

集まった親戚一同が止めに入り、

お札は破かれずに済んだのです。


些細な出来事ですが、

私にはこの

「お札を破く」という行為が、

とても感慨深く映りました。


私自身は、

文字通りただの紙切れである「宝くじの券」ですら、

破くことを躊躇います。

仮に抽選後であっても、破こうとは思いません。


お金ですらない券を破けない私と、

笑顔でお金を破こうとする甥を比して、

「お年玉」と「贈り物」と「お金」について考えさせられました。

2016年9月以前のブログはこちら

ページトップへ