ブログ

ドイツのケーキ

清水が丘教室

こんにちは!清水が丘教室長の高柳です。

皆さんはこれがなんだかわかりますか?

「中心にドーナツ状の穴があり断面に木の年輪のような同心円状の模様が浮き出たドイツのケーキ」

そうです、

バウムクーヘンです。(バウム=木、クーヘン=ケーキ)

今日は「バウムクーヘンの日」で、1919年3月に現在の原爆ドームで行われた「ドイツ作品展示会」で初めてバウムクーヘンが製造販売されたことに由来するそうです。

日本ではお祝い事に贈り物をする際によく用いられたりするので一般的なお菓子のイメージですよね。

しかし、実は本場ドイツでは珍しい種類のお菓子だそうで、日本ほど一般的なものではないのだそうです。その理由としては、伝統的な作成方法が非常に特殊で、さらに専用の装置や技術が必要になり、一般の菓子店では出していないからとのこと。

ドイツ菓子としての認知はされていますが、伝統的なバウムクーヘンは専門店を探さないと手に入らないそうです。

 

最後に、清水が丘教室では「春のキャンペーン」を実施中です。

ただいま期間限定で、

①入塾金21,600円が無料

②約2か月分の授業料が無料

※クラス授業での授業料です。

となっております。

 

府中市の生徒さん、プロ講師の授業をぜひ体験しにお越しください。

無料学習カウンセリングも承ります。

 

また、3月16日(土)に 開校説明会 を行います。

 

武蔵野進学セミナー清水が丘教室・開校説明会

3月16日(土)13:30~14:30(予定)

【内容(予定)】

①講師紹介
➁「ムサシン」の特徴と強み
➂年間スケジュールのご案内
④春期講習&キャンペーンのお知らせ

 

近隣の皆様、お誘い合わせの上ぜひお越しくださいませ。

2016年9月以前のブログはこちら

ページトップへ