ブログ

【清水が丘教室】開校説明会 ~英語教育の変化~

清水が丘教室

こんにちは。清水が丘教室の石田です。

本日、第2回開校説明会を実施いたしました。

その際、私は「英語教育の変化」についてお話させていただきました。

特に小学校英語と高校入試についてにテーマを絞り込みました。参加されたお母様方も一緒になって驚いたり、頷きながら耳を傾けていただいたりしました。本当にありがとうございます。

私も調べていく上で、この2020年度に向けての変化は驚かされることがたくさんありました。

中でも、小学校で習う英単語については「えっ? こんな単語まで教科書に出てくるの?」というものが多く、目を見張りました。いくつか抜粋してみたいと思います。

① yummy →おいしい

「おいしい」というよりも、子供が使うようなもっとくだけた表現です。こういった単語が出るのは今までよりも口語的、日常的な英語表現を身につけさせたいという証ですかね。ただ、私が海外にいた頃には聞いたことありませんでした。あまり大人は使わないのかもしれません。

 

②newt→イモリ

一瞬「理科の授業かな?」と勘違いしてしまいそうな単語。そもそもヤモリとの区別から教えないといけないかもしれません。そのうちamphibian(両生類)やreptiles(は虫類)なんて単語も出てくるのでしょうか。

 

③unicycle→一輪車

確かに小学生にとっては身近にある英単語ですよね。早めにこういった単語を覚えてしまえば「uni-」や「bi-」などの接頭語を意識するようになり、そのまま「unit」「uniform」「unison」「bicycle」「bilingual 」「trilingual」「multilingual」「linguistic」と派生して覚えていけたら理想ですね。

 

④namul→ナムル

あれ、英語? これってどこの料理だっけ? と混乱してしまいそうですね。ただ、こういった単語の出現が「英語学習」だけでなく「グローバル化」の暗喩となっている気もします。

 

…と、まだまだ驚かされた単語はたくさんありますが、今日はこのくらいで。

2016年9月以前のブログはこちら

ページトップへ