ブログ

金輪際。

武蔵小金井教室

 

 

浴びるほどに、活字を読んでいます。

 

 

こんにちは。

武蔵野進学セミナー武蔵小金井教室の川原です。

 

 

年末から年始にかけて、

 

いや、そうと言わずともそれ以前からずっと、

いや、そうではなくていつにもまして気が遠くなる感じで、

 

ひたすら活字を読む日々です。

 

 

何の為に?

言わずもがな。

 

 

玉石混交の質の文章の群れ、一日何本も読み続けて辟易することもありますが、

 

大晦日、年末最後の夜に読んだ、神戸の少年時代の回想のおはなしと、

正月元旦、最初に読んだ「石を握りしめた」音楽評論家と、そのひとについて書かれた追悼批評文に出会えたことで、

 

この「作業」も報われた感じがしました。

 

 

仕事にかこつけて、不意の遭遇、しあわせな活字体験。

 

 

以上、
ひどく個人的な感想でしたが。

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

2016年9月以前のブログはこちら

ページトップへ