ブログ

No music, No life

武蔵境教室

以前、武蔵境のブログではシリーズで書いていたこれですが、統一ブログになってからは初めてです。
沼尻でございます。
2017年後半に聴いた音楽たちの紹介をいたしましょう。

Gorillaz 「HUMANZ」
前作「Demon Days」でHip HopとRockの融合を成し遂げた彼ら。
今作はあまり評判がよくなかったので、4月に発売されたもののしばらく放置、その後チャートインした曲がよかったので聴いてみた。
シングルカットされた「We Got The Power 」はよかったが、それ以外にはピンとくる曲がなくて、次のローテーションで印象が変わらなかったら消去ですね。

Nicki Minaj「The Pink Print」
2014年12月に発売されたこのアルバム、どうもHIP HOPというのは性に合わないので敬遠していたが、なんとなく聴いてみた。
多分シングルカットされたと思うんだけど「Anaconda」なんて、こんな歌詞だったんだなぁと認識できたり、この人はfeaturingすることが多いのだが、Ariana GrandeとのfeaturingであるGet On Your Kneesはやっぱりいいなぁなんて思わされ、もっとEDMな感じが強いと思っていてイマイチだったけど、これはこれでなかなかではあると思っています。

Pink 「BEAUTIFUL TRAUMA」
5年ぶりのオリジナルアルバム。
シングルカットされた「What about us.」のあまりのよさに即購入。
まだ2回ほどしか聴いていないけれど、当然よいですね。

Perfume 「COSMIC EXPLORER」
2016年4月に発売されていたことを知らず、つい最近気づいたという…
シングルだったFLASHはもちろん、表題のCOSMIC EXPLORER、Relax In the Cityなどいい曲がもりだくさん。
やっぱりPerfumeはいいですね。

Ariana Grande 「The Best」
私は基本的にベストアルバムは買わない主義ですが、これは買わないと。
というのも、これは日本オリジナルで、本人の希望で造られたものだという話。
オリジナルアルバムからは、1枚目4曲、2枚目5曲、3枚目6曲ピックアップされていて、特に1stからのものは“すでに”懐かしく聴けました。
私は見ていないのでなんとも思いませんでしたが、ラストに「Beauty and the Beast」が入っているのも日本向けなんでしょうね。

こうして書いてみると、本当に邦楽を聴かなくなったなぁと思います。

2016年9月以前のブログはこちら

ページトップへ