ブログ

田無に桜が咲きました!

田無教室

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。武蔵野進学セミナー田無教室です。

 

花粉症シーズンに突入し、鼻がつまったり、目がかゆかったり腫れたりと

辛そうな生徒さんがたくさん見られます。

 

もし辛いときは授業中でも鼻をかんだり目薬をさしても大丈夫ですよ!!

辛い時期が過ぎ去るまで頑張りましょうね。

 

 

さてさて、そんな春の訪れを感じる今日この頃ですか、

なんと田無教室では春の代名詞である桜が咲き始めました!!

 

あまり馴染みがないかもしれませんが、こちらは『東海桜』という品種の桜です。

 

皆さんが『桜』と聞いて一番に思いつくソメイヨシノより早咲きの品種で、

ちょうど今頃が開花時期です。

ちなみにソメイヨシノの開花時期は東京では(年によって変動がありますが)

だいたい4月上旬。

枝がたれて、まるで花が空から降り注ぐように見える枝垂桜は3月下旬から4月上旬。

花弁が幾重にも重なりわふわとかわいらしい八重桜はソメイヨシノが散り始めるころに見ごろを迎えます。

 

 

桜ってきれいですよね。

寒さの厳しい冬を必死に耐え抜き、時期が来たら全力で咲く。

 

 

田無教室の東海桜は花瓶に生けてあります。

生ける前にしっかりと水を吸い上げられるように

枝の下に深く十字に切り込みをいれます。

 

枝にとって傷をつけることはきっと痛いことだと思います。

しかしそれが早い開花のコツだそうです。

 

 

 

勉強もおなじだと思います。

 

花は咲くために冬の寒さに耐え、傷をつけられ、

しかしそれにも決して負けずに「これでもか」というくらい美しい花を咲かせます。

 

 

生徒たちも同じで、桜が品種によって開花時期が異なるように、

同じように授業を受け、

同じように努力をして、同じように課題をこなしても、

成果が出る時期は人それぞれです。

しかし必ず言えることは、

努力をして辛い時期を乗り越えると必ず人それぞれの花が咲くということです。

 

田無教室の先生は一人一人をたいせつにします。

一人一人の得意なこと、苦手なこと、好きなこと、嫌いなことを見抜き、

その子にしか咲かせることのできない花をみることを楽しみに指導にあたります。

 

ときには厳しいことも言います。言われたらいやだろうなということも言わなければならない時があります。

厳しい現実を伝え、じゃあこのあとどうすればいいかを真剣に考えてくれるのが田無教室の先生なのです。

 

でも、みんなと同じくらい、もしかしたらそれ以上にみんな色の花が咲くのを

楽しみにしているのも田無教室の先生なんですよ。

 

 

ただいま無料にて体験授業を承っております。

無理なくスタートを切るなら、学年の切り替わり前の今がチャンスです。

お問い合わせお待ちしております。

 

2016年9月以前のブログはこちら

ページトップへ