ブログ

都立推薦…終了

武蔵境教室

先週の26・27日(土~日)に都立推薦入試がありました。
都立の推薦入試は、基本的に全受験生に対して集団討論・面接を実施、そして当該都立高校校長が定めた小論文・作文・実技検査その他のうちから一つ以上が実施されます。

そこで、ムサシン各教室では、
小論文・作文対策
集団討論対策
を行っています。

とはいえ、都立推薦はとても狭き門です。
たとえば、日比谷高校男子の倍率は3.06倍、女子が3.80倍、戸山男子4.00倍、女子4.40倍、西男子3.15倍、女子4.10倍と、旧1~3学区のトップ校はさすがの高倍率になっています。
ムサシン生が受験することが多い、旧9・10学区はというと、国立男子2.85倍、女子3.93倍と一見高く見えますが、それでも昨年比男子0.59ポイント、女子1.74ポイント下がっているんですね。
ちなみに、人気の武蔵野北は男子2.25(+0.17)、女子3.27(-0.82)、調布北男子1.71(+0.29)、女子2.00(-0.32)と他学区と比べると低めになっています。
原因としては、上記のような対策を一般入試に向けての勉強と並行してやらなければ行けないことがあげられますが、まぁそれも今に始まったことではないんですけどね。

発表は明後日2月1日(金)です。
いい結果が出るといいな♪

2016年9月以前のブログはこちら

ページトップへ