ブログ

またですかぁ?

武蔵関教室

こんにちは、武蔵野進学セミナー武蔵関教室の高崎です。都立高校の推薦入試で実施される集団討論の対策を先日行いましたが、「大人とはどういう人か」というテーマでの生徒さんの発言に「政治家は理想的な大人ではない」との発言が。「大人とは責任をしっかり果たす人」との定義に反するという理由でした。そんな声をリアルに裏付ける具体的な出来事が昨日ありました。

英語の民間試験の結果を大学入試に導入するのを延期する発表が先月あったばかりですが、昨日は、大学入試共通テストの国語と数学に記述式を導入するのを見合わせるという発表がありました。記述問題の採点基準を統一するには事前に業者に問題を伝える必要があることによる問題漏洩のリスク、自己採点が正確にできないのでは?という問題…などが解決できないことが理由だそうです。

「思いつき」で始めてみたものの、実際にやりはじめると次々と不都合なことが続いてどうにもならなくなって直前に投げ出した…ということだろうと思います。受験生の立場からすれば「責任を果たす人」には思えないのも当然のことです。集団討論の発言の随所に生徒さんの本音の部分が見えてきますね(笑)。

また「自己都合が優先して、気分で対応が変わる担任の先生も大人ではない」との手厳しい声が。来週から冬期講習が始まります。その場の気分が指導に影響してはならないと我々スタッフも心がけるのは当然ですが、生徒さんの側もその場の気分でやるべきことをやらないまま…ということのないようにお互いに最後の追い込みをともに頑張っていきましょう。

2016年9月以前のブログはこちら

ページトップへ